部員紹介

HOME  >  東大柔道部について >  部員紹介
 
 

4年生

古跡 進

member_01
学科・学部
工学部計数工学科
出身高校
麻布
身長・体重
177・73
段位
初段
趣味
名門・麻布高校出身であり、部員の誰よりも常識を身に着け、学業においても優秀、友人にも常に囲まれている彼は、柔道部には珍しいタイプの好青年であると言えよう。柔道部のイメージアップに貢献してくれる頼もしい存在だ。
しかし一部の有識者によると、今野と喋っているときの距離感がアレのそれらしい。まだまだ油断を許さない状態である。
今後一層の筋力をつけ、上背と手足の長さを生かしたパワフルな柔道を展開してくれることだろう。

今野 裕大

member_01
学科・学部
理学部情報学科
出身高校
秋田
身長・体重
160・73
段位
初段
趣味
彼は秋田からやって来た、柔道部には貴重な仕事のできる真面目キャラ。かと思いきや、その油断を利用して悪戯をしかけたり冗談を抜かしたりする困り者。しばしば、立川や上原を惑わせている姿が目撃される。忙しそうにしている割には、仕事を振るとそれなりにこなしてくれるので、実は忙しくない説が濃厚。
非常に残念なことに、彼が話すのは日本語だけであり、秋田弁の素養はまるで皆無。身長の話をすると悲しい顔をする。
同学年において柔道歴は小林に次いで長く、人生の半分以上の期間は柔道と関わっていた計算である。十分な経験を実力へと昇華させ、今後の試合で活躍してくれることを願う。

阪田 一真

member_01
学科・学部
工学部化学システム工学科
出身高校
身長・体重
167・66
段位
弐段
趣味
名門私立灘高校からやって来たチンピラ風関西人。その第一印象とは裏腹に、実際は真面目で友人思いの「メッチャええヤツ」である。ただ、いい加減な男を振る舞って仕事の振りを回避する、したたかな要領の良さも兼ね備えてはいる。クラスコンパや同窓会など、常人以上にキャンパスライフを謳歌しているように見える彼だが、決して鍛錬を怠らないところがただのチンピラとの格の違いだ。
軽量級ながらパワフルな柔道を見せてくれる、アニキと呼ぶにふさわしい男だ。背は小さいけど。特に彼の立技へのこだわりは、七大戦に波乱をもたらしてくれるに違いない。

立川 慧太郎

member_01
学科・学部
教養学部統合自然科学科物質基礎科学コース
出身高校
愛光学園
身長・体重
169・67
段位
初段
趣味
愛媛県からやってきた孤高の天才(自称)。彼は柔道だけでなく、囲碁や将棋をはじめとする頭脳戦、プロ野球やメジャーリーグに代表されるスポーツ、ひいてはジャパニーズサブカルチャーについても造詣が深く、齋藤や今野などの部員を相手に熱い持論を展開している。しかし、その類まれな思考回路に追いつける者は滅多に現れず、反論の嵐に巻き込まれてしまうことも少なくない。天才とは時代を先取りしてこその天才なのだそうだが、筆者は一刻も早い仮定の棄却を勧める。
比較的寝技が好きなようで、独自の研究をする姿もよく見かける。持ち前の粘り強さを生かした安定した柔道を築き上げていってほしい。

3年生

金田 久慶

member_01
学科・学部
工学部精密工学科
出身高校
開成
身長・体重
169・78
段位
無段
趣味
寝る
入りたいサークルが見つからず、ニートになる危機感から柔道部にやってきた稀有な男。
名門開成高校将棋部出身であり、その容貌からOBに間違えられることもしばしばである。
基本真面目な彼だが、応援に行った七大戦では後世に語り継がれる失態を犯し、お茶目な一面ものぞかせた。
柔道初心者ながら入部当初から抑え込みの上手さには定評があり、今後最も成長を期待される一人である。

小島 凌

member_12
学科・学部
工学部応用化学科
出身高校
開成高校
身長・体重
172・72
段位
初段
趣味
映画鑑賞
彼の名前は小島凌である。あの名門、開成出身である。凄い。
彼は非常に熱い男であり、 その熱は摂氏 800 度を超えるという噂だ。摂氏 800 度がどれほど熱いのかは是非読者諸兄に調べていただきたい。
「うおらあああああ」「どるあああああ」など、稽古中に奇声にも似た叫び声をあげ、一時は某S藤先輩の後継者かと噂されたが、
彼の場合はその彼の持つ熱量ゆえの感情の発露であり、熱き魂が彼の身体を飛び出し咆哮となって表れているのである。
その気合でメキメキと実力をつけ、七大戦でも大いに活躍してくれるだろう。

柴田 浩史

member_13
学科・学部
文学部行動文化学科
出身高校
旭丘
身長・体重
170・65
段位
弐段
趣味
将棋
名古屋出身の彼は部内で一番の天然であり、その言動によって同期だけではなく先輩たちをもすでに幾度となく驚かせてきた。また、彼はその見た目に反して一年の中では恐らく一番の大食漢であり、他の一年が苦しみながら食べる量を食べてのける。
そんな生態系の大部分が未だに謎に包まれている彼だが、柔道においては高校から始めたのにも関わらず既に弐段を持っていることなどから分かる通り非常に練習熱心であり、今後の彼の正対師としての活躍に期待する。

真藤 俊平

ぺーすけ
学科・学部
法学部
出身高校
新潟
身長・体重
170・80
段位
初段
趣味
Youtube
「天下の新潟高校」(自称)出身の攻めまくる柔道をする新潟人。鳴き声は「やうす」。ユニフォームは「タンクトップ」。得意技は「よくわからないタイミングで始まるボイスパーカッション」。
何事にもストイックで筋トレ、恋愛、勉強何においても手をぬかない。高校で主席をとったと豪語するだけある。しかし、最近は東大生(柔道部ではない)の学業のレベルの高さを実感し少し意気消沈したようだ。
立ち技、寝技ともにキレるので、彼の持つものすごいパワーとともにそれらを磨き上げ、柔道・学業の両面でチームを牽引してくれることを期待する。

扶川 穂

member_01
学科・学部
法学部
出身高校
麻布
身長・体重
175・75
段位
弐段
趣味
ネットサーフィン
麻布臭漂うただの柔道部員。
彼女が欲しい彼女が欲しいと言いながら、持ち前のコミュ症により大学生活が本人の望み通り柔道一色に染まって本当に楽しそうである。「ぅふふ…」という笑い方はまさに「イカ東」のそれであり、あぁ自分は東大に来ているんだなと自覚させてくれる大切な存在である。
一度怖いと思ってしまうと腰が引けてしまう心の弱さも持ち合わせるが、「よほぉいっしょぉう!!」という投げの声は柔道人としての誇りが感じられる。
ダークサイドに染まった彼が東大柔道部の悪しき伝統の数々を受け継いでくれることを期待している。

松本 悠志

member_01
学科・学部
農学部環境資源科学過程生物環境工学専修
出身高校
ラ・サール
身長・体重
170・70
段位
弐段
趣味
マンガ・ゲーム
歴代のラ・サール高校出身の先輩方の紹介文を見ると散々な書かれようであるが、筆者は未だ彼の中のラ・サールを感じさせる言動を目撃していない。しかし、男子校出身者感はにじみでており、ラ・サールの血が暴れ出すのも時間の問題かもしれない。
明るいキャラクターゆえに部員との仲は良好だが、よく観察すると周りの同期に雑用を流している場面が多々あるので要注意である。
立ち技においてキレッキレの技をもっている彼は、寝技においても一層の鍛錬を重ねることでチームに欠かせない選手になってくれるだろう。

2年生

淺井 柾哉

浅井
学科・学部
理科一類
出身高校
三重県立伊勢高校
身長・体重
170・65
段位
初段
趣味
漫画
三重県からやってきた彼はマジ◯チやガチ◯モやポケモントレーナーが混在するこの学年の中で良識あふれる人物であり、話していても安心感がある。と思われていたが、柔道場内に留まらず一般道で受け身をとったという目撃情報が筆者のもとに寄せられた。今後の展開が楽しみである。そんな彼は精密な寝技を身につけることで七大戦をわかせてくれることだろう。

麻生 豊大

麻生
学科・学部
理科一類
出身高校
久留米大学付設高等学校
身長・体重
170・70
段位
初段
趣味
寝ること
詐欺師である。
口癖が「留年しよーぜ」の癖に、テストでは優を連発する。
彼に筆者は怒りを覚える。彼自身は留年よりも留学をするつもりらしく、容易に彼の言動を真に受けてはならない。
柔道においても、部内最弱と自称しつつ、筋トレも真面目に取り組み、得意の寝技でバンバン取りまくる。
今後も彼の言動には十分注意すべきである。

滝沢 知大

滝沢
学科・学部
文科三類
出身高校
久留米大学附設高等学校
身長・体重
160・47
段位
無段
趣味
朝ドラ鑑賞
柔道部の紅一点、全員理系の枯れきった一年男子達の中で光輝く文系女子。その輝きの反面、男しかいなかった柔道部に飛び込む、頼もしくアツい心を持つ人である。麻生とは共に高校の風紀委員会を勤めた仲であり、彼女は副委員長であったそうだ。変態の集まりである柔道部の風紀を正してくれるに違いない。噂によると細いイケメンが好きらしい。太い不細工のみの俺達、残念。柔道に関しては、運動神経のよさを感じさせるキレのいい技を持っている。寝技も身に付け柔道部全体を盛り上げてくれる存在になるだろう。

東條 裕紀

東條
学科・学部
理科二類
出身高校
大阪星光学院
身長・体重
173・88
段位
弐段
趣味
自分磨き
関西からやってきた関西人。福島や徳永同様男子校出身であるが、練習後にさっさと帰ってしまうため実は密かに女を作っているのではないかと疑われており、油断のならない状況である。…と思われていたが、食堂で女子と一緒にいるときに爪を切り始めたり、不可解な行動が目立っている。その極め付けに、なんと誰とは言わないが意中の先輩がいることを暴露した。彼もやはり男子校だったということである。違った意味で春が来そうなので、やはり油断のならない状況である。
柔道では、この学年で唯一の重量級であり、恵まれた体格や筋力を生かした立ち技は強力なので、寝技を強化することによって立派な戦士になることが期待される。

徳永 亮介

徳永
学科・学部
理科一類
出身高校
北嶺
身長・体重
171・78
段位
初段
野球観戦
「北に北嶺あり」なんて豪語する(笑)、北海道の北嶺高校出身。元野球部であるが、朝練がないことが決め手で柔道部に入ったと言っていた気がする。好きな食べ物は寿司、好きな色は紫、卵アレルギー、普段はメガネを着用、北海道民なのに西武ファン。基本情報はこのくらいでしょうか。本人に確認したことはないが、練習の合間に目を細めている姿から相当目が悪いのだと推測する。また、渋いけど柔らかい声が特徴的だが、口数は少なめで声も小さいのでそんなに多くは聞けないのが現状。ただ、同期のグループLINEでは比較的多く発言しているのが印象的だ。ちなみに、苗字の「德」は「徳」ではないそう。

中村 友哉

noimage
学科・学部
理科二類
出身高校
西大和学園
身長・体重
173・70
段位
弐段
趣味
魚釣り
関西の進学校、西大和学園高校出身。度々女の子と行動を共にしているという目撃情報が入る、柔道部では稀有な存在。また、入部当初はその大人しそうな風貌や言動、行動から常識人だと思われたが最近野蛮な言動が目立つようになってきていて筆者の私は残念である。
しかしたまに彼が一人で勉強している姿を見かけ、また成績もそれに伴っているので数少ない文武両道をこなしている柔道部員といえる。
練習に対してはストイックで背が高く手足も長いので、これからの練習により立って良し寝て良しの隙の無い七帝戦士となることであろう。

福島 聖也

福島
学科・学部
理科二類
出身高校
県立川越
身長・体重
167・75
段位
初段
趣味
柔道に対する熱意は素晴らしいもので柔道をするために東大へ来たらしい。他の格闘技にも興味があるようで、部活後に壁を向かってパンチをくりだしたりよく分からない動きをしていたりする。「しゃあああ」とよく吠えている。
男子校出身であり、常に男子校出身感を醸し出している。また、立て看板に話しかけたりするなどお茶目な部分もあり異様なキャラを更に引き立てている。
柔道においては、持ち前のパワーと柔軟性で独特な柔道をし、見ている人を驚かせている。さらに得意技を磨き七大戦で大いに活躍することが期待される。

松本 陸也

陸也
学科・学部
理科二類
出身高校
基町高校
身長・体重
160・65
段位
初段
趣味
音楽鑑賞(B’z)
ポケモンgoがリリースされるやいなや、東大生からさすらいのポケモントレーナーに転身した。より強いポケモンを求めて、テスト期間にも流浪の旅を続けているようだ。筆者は道中で単位を落っことしてこないか、心配である。
入部当初は語尾に「じゃけん」を多用して、渋さを醸し出していたが、最近すっかり使わなくなった。地方生徒の標準語化はかなしい。
小柄な体ながらも、キレる立ち技をするので、体重と寝技の技術を身につけることで、活躍が期待される。

PAGE TOP